ブラックでも借りられるのは無名の企業のみ

ブラックでも借りられるのは無名の企業のみ

既にブラックとなっている人が新たに借入をする場合は、大手の金融業者ではほどゼロに近い確立となると考えておきましょう。利用できるといえば無名でまだ実績が無い金融業者です。

 

1・登録して浅い業者が狙い目

闇金とブラックでもOKの緩い業者を比較するのに一番良いのは、登録番号をチェックすることです。きちんと登録されており数字が1など小さい場合はまだ営業したての会社だと判断できます。ただし闇金でも名前を変えて登録している所もあるため、必ず業者の雰囲気を自分で確かめてから借りるのがポイントです。まだ開業したての業者は実績が欲しいため審査が緩い傾向にあります。

 

2・直接事情を聞いてもらおう

審査が緩いといわれる業者では大手のように機械的な審査ではなく、人を見てそれぞれの事情を汲み取り貸し出しをしていることがあります。直接店舗に出向き事情を話した上でOKがもらえることがあるのです。この場合闇金ではないかのチェックも同時にできるため来店してみるのもよいでしょう。中には審査に通りやすい申し込み書の記載の仕方を教えてくれるなど融通が効く支点もあるようです。

 

3・審査が甘くてもダメなものはダメ

審査が甘い業者でもどんな人にもお金を貸しているわけではありません。実績は欲しいのですが確実に返済が滞ると感じる人に対してはやはり融資はしてくれません。独自のルースがあるため実際に話をしてみないとわからない面もあるのです。