信用金庫は意外と狙い目かもしれない

信用金庫は意外と狙い目かもしれない

融資というと銀行を真っ先に思い浮かべますが、意外と見逃しがちなのが地元の信用金庫です。都心部では銀行がメジャーなのですが、田舎に行くと普通に信用金庫のほうが利用されていたりします。つまり地元の人を優遇しやすいというわけです。

 

地元の信用金庫が狙い目

もし地元に信用金庫があるなら融資の申し込みをしてみましょう。その地域に住んでいる人をターゲットにしているため審査が通りやすい傾向にあります。どちらかというと大手銀行に利用者を取られやすく、信用銀行は顧客を増やすための営業をしており、大手銀行に比べると利用しやすいといえます。

 

まずは口座開設から

普段使用してもいない信用金庫ではさすがに融資を断られることもあります。どちらかというと利用している人のほうが優遇される傾向が見られています。住宅ローンや普通口座、預金口座など何でも良いのですが、一番作りやすいのは普通口座でしょう。これから頻繁に使用する意向を見せることでローンの審査も通りやすくなります。

 

できるだけ借金は無くす

大手銀行より地元の信用金庫のほうが審査が甘い傾向にあるといっても、他社の借り入れ件数が多いと難しくなります。できるだけ完済を目指してから新たに申し込むことをおすすめします。