審査が甘い所で落ちた人ができる対策

審査が甘い所で落ちた人ができる対策

比較的審査が緩いといわれている金融業者で落ちたなら、いまからできる対策をしましょう。直ぐに融資は無理かもしれませんが今後の状況により審査状況は改善する可能性があります。

 

1・安定した収入が無ければダメ

金融業者は安定した収入がある人を求める傾向があります。安定とは年収の多さはあまり関係しておらず、定期的に決まった収入が得られるかが問題です。20代で若く勤続年数が少ない場合はコツコツ働き続けることで評価はあがります。年齢は変えられないため直ぐにでも評価を上げたい場合は勤続先を変えるのもひとつの方法です。大企業のほうが評価が高く、一般企業より勤続年数が少なくても評価が上がりやすい傾向にあります。

 

2・住所が安定している人が優遇される

第二に夜逃げのリスクが考えられています。住所不定はもちろんのこと、独身者の一人暮らしも評価が下がりやすくなります。子供や家族がいれば簡単に夜逃げできないですし、夫婦で働くこともできるため万が一の際でもリスクは回避しやすいと考えられます。また、一戸建てだと簡単に夜逃げするのは難しく、住宅ローンの審査に通ることから優遇される傾向があります。
安定した収入、夜逃げしにくい居住環境。この2つを変えるだけでも審査に通りやすくなります。